bind.html.ja.utf8 14.3 KB
Newer Older
powelld's avatar
powelld committed
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"><head>
<meta content="text/html; charset=UTF-8" http-equiv="Content-Type" />
<!--
        XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
              This file is generated from xml source: DO NOT EDIT
        XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
      -->
<title>バインド - Apache HTTP サーバ バージョン 2.4</title>
<link href="./style/css/manual.css" rel="stylesheet" media="all" type="text/css" title="Main stylesheet" />
<link href="./style/css/manual-loose-100pc.css" rel="alternate stylesheet" media="all" type="text/css" title="No Sidebar - Default font size" />
<link href="./style/css/manual-print.css" rel="stylesheet" media="print" type="text/css" /><link rel="stylesheet" type="text/css" href="./style/css/prettify.css" />
<script src="./style/scripts/prettify.min.js" type="text/javascript">
</script>

<link href="./images/favicon.ico" rel="shortcut icon" /></head>
<body id="manual-page"><div id="page-header">
<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="http://wiki.apache.org/httpd/FAQ">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> | <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p>
<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.4</p>
<img alt="" src="./images/feather.png" /></div>
<div class="up"><a href="./"><img title="&lt;-" alt="&lt;-" src="./images/left.gif" /></a></div>
<div id="path">
<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="./">バージョン 2.4</a></div><div id="page-content"><div id="preamble"><h1>バインド</h1>
<div class="toplang">
<p><span>翻訳済み言語: </span><a href="./de/bind.html" hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
<a href="./en/bind.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
<a href="./fr/bind.html" hreflang="fr" rel="alternate" title="Français">&nbsp;fr&nbsp;</a> |
<a href="./ja/bind.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
<a href="./ko/bind.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
<a href="./tr/bind.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
</div>
<div class="outofdate">この日本語訳はすでに古くなっている
            可能性があります。
            最近更新された内容を見るには英語版をご覧下さい。
        </div>

    <p>Apache が使用するアドレスとポートの設定をします。</p>
  </div>
<div id="quickview"><a href="https://www.apache.org/foundation/contributing.html" class="badge"><img src="https://www.apache.org/images/SupportApache-small.png" alt="Support Apache!" /></a><ul id="toc"><li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#overview">概要</a></li>
<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#ipv6">IPv6 の特記事項</a></li>
<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#virtualhost">バーチャルホストに対してどう働くのか</a></li>
</ul><h3>参照</h3><ul class="seealso"><li><a href="vhosts/">バーチャルホスト</a></li><li><a href="dns-caveats.html">DNS の問題</a></li><li><a href="#comments_section">コメント</a></li></ul></div>
<div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
<div class="section">
<h2><a name="overview" id="overview">概要</a></h2>
    

    <table class="related"><tr><th>関連モジュール</th><th>関連ディレクティブ</th></tr><tr><td><ul><li><code class="module"><a href="./mod/core.html">core</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mpm_common.html">mpm_common</a></code></li></ul></td><td><ul><li><code class="directive"><a href="./mod/core.html#virtualhost">&lt;VirtualHost&gt;</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mpm_common.html#listen">Listen</a></code></li></ul></td></tr></table>


    <p>Apache は起動時に、ローカルマシンのあるポートおよびアドレス
    に対して接続し、リクエストが来るのを待ちます。
    デフォルトではマシンのすべてのアドレスに対して Listen します。
    特定のポートか、特定のアドレスのみか、
    またはそれらの組み合わせで Listen するように指定したい場合もあります。
    異なる IP アドレス、ホスト名、ポートに対して Apache がどのように
    応答するかを制御するバーチャルホスト機能と組み合わせてよく使われます。</p>

    <p><code class="directive"><a href="./mod/mpm_common.html#listen">Listen</a></code>
    ディレクティブで、特定のポートやアドレス・ポートの組から入ってくる
    リクエストのみを受け付けるようにできます。
    もしポート番号だけが <code class="directive"><a href="./mod/mpm_common.html#listen">Listen</a></code>
    ディレクティブで指定された場合は、
    すべてのインターフェースの与えられたポート番号に対して
    Listen します。 IP アドレスとポート番号とが同時に与えられた場合は、
    サーバは与えられたインターフェースのポートを Listen します。
    <code class="directive"><a href="./mod/mpm_common.html#listen">Listen</a></code> ディレクティブを複数使って
    Listen するアドレスとポートをいくつも指定できます。
    サーバは指定されたアドレスやポートからのリクエストすべてに
    対して応答します。</p>

    <p>たとえば、全てのインターフェースのポート 80 と 8000 の両方において
    接続を受け付けるには</p>

    <div class="example"><p><code>
      Listen 80<br />
      Listen 8000
    </code></p></div>

    <p>とします。
    あるインターフェースでは 80 番で、また、同時に他のインターフェースの
    8000 番ポートで接続を受け付けるには、
    </p>

    <div class="example"><p><code>
      Listen 192.0.2.1:80<br />
      Listen 192.0.2.5:8000
    </code></p></div>

    <p>とします。
    IPv6 アドレスは、角括弧で次の例のように囲まなければいけません。</p>

    <div class="example"><p><code>
      Listen [2001:db8::a00:20ff:fea7:ccea]:80
    </code></p></div>
  </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
<div class="section">
<h2><a name="ipv6" id="ipv6">IPv6 の特記事項</a></h2>
    

    <p>多くのプラットホームで IPv6 がサポートされてきていて、
    <a class="glossarylink" href="./glossary.html#apr" title="用語集を参照">APR</a> はこれらのほとんどで IPv6 をサポートしているので、
    Apache は IPv6 ソケットを割り当てて IPv6
    経由で送られてきたリクエストを扱うことができます。</p>

    <p>IPv6 ソケットが IPv4 と IPv6 コネクションの両方を扱うことができるか
    どうかは、Apache 管理者にとって厄介な問題です。
    IPv4 コネクションを IPv6 ソケットで扱う場合は、
    IPv4 マップされた IPv6 アドレスを使用していて、
    ほとんどのプラットホームではデフォルトで使用可能ですが、
    FreeBSD, NetBSD, OpenBSD では、システム全体としてのポリシーとの整合性から、
    デフォルトでは使用不可に設定されています。
    これらのデフォルトで使用不可のプラットホームであっても、
    特別な <code class="program"><a href="./programs/configure.html">configure</a></code>
    設定パラメータで Apache の挙動を変化させることができます。</p>

    <p>一方で、Linux や Tru64 といったプラットホームで IPv4 と IPv6
    の両方を扱うには、マップドアドレスを使用する<strong>以外の方法はありません</strong>
    IPv4 と IPv6 のコネクションを最小限のソケットで扱いたいのであれば、
    IPv4 マップの IPv6 アドレスを使用する必要があり、
    <code>--enable-v4-mapped</code> <code class="program"><a href="./programs/configure.html">configure</a></code>
    オプションを指定します。</p>

    <p><code>--enable-v4-mapped</code> は、
    FreeBSD, NetBSD, OpenBSD 以外の全てのプラットホームでのデフォルトです。
    ですから、おそらくお手元の Apache はこの設定でビルドされているでしょう。</p>

    <p>プラットフォームや APR が何をサポートするかに関わらず、
    IPv4 コネクションのみを扱うようにしたい場合は、
    次の例のように全ての
    <code class="directive"><a href="./mod/mpm_common.html#listen">Listen</a></code> ディレクティブで
    IPv4 アドレスを指定してください。</p>

    <div class="example"><p><code>
      Listen 0.0.0.0:80<br />
      Listen 192.0.2.1:80
    </code></p></div>

    <p>条件を満たすプラットホームで、Apache が
    IPv4 と IPv6 のコネクションを別々のソケットで扱うようにしたい場合
    (つまり IPv4 マップのアドレスを無効にしたい場合)
    は、<code>--disable-v4-mapped</code>
    <code class="program"><a href="./programs/configure.html">configure</a></code>
    オプションを指定して、次のように個別指定の
    <code class="directive"><a href="./mod/mpm_common.html#listen">Listen</a></code>
    ディレクティブを使用してください。
    <code>--disable-v4-mapped</code> は、
    FreeBSD, NetBSD, OpenBSD プラットホームでのデフォルトです。</p>
  </div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
<div class="section">
<h2><a name="virtualhost" id="virtualhost">バーチャルホストに対してどう働くのか</a></h2>
    

    <p><code class="directive"><a href="./mod/mpm_common.html#listen">Listen</a></code> ディレクティブ
    でバーチャルホストが実装されるわけではありません。
    Listen は単にメインサーバにどのアドレスとポートを Listen すべきかを
    教えるだけです。
    <code class="directive"><a href="./mod/core.html#virtualhost">&lt;VirtualHost&gt;</a></code>
    ディレクティブが使われない場合は、
    受け入れたリクエストすべてに対して全く同じ挙動をします。
    しかしながら
    <code class="directive"><a href="./mod/core.html#virtualhost">&lt;VirtualHost&gt;</a></code>
    を使って、
    一つ以上のアドレスやポートに対して異なる挙動をするように
    指定することができます。
    VirtualHost を実装するには、まず初めに使用したいアドレスとポートに対して
    サーバが Listen していなければなりません。
    そして、その指定したアドレスとポートでの
    このバーチャルホストの挙動を設定するために、
    <code class="directive"><a href="./mod/core.html#virtualhost">&lt;VirtualHost&gt;</a></code>
    セクションを作ります。もし
    <code class="directive"><a href="./mod/core.html#virtualhost">&lt;VirtualHost&gt;</a></code>
    が Listen していないアドレスとポートに対して
    設定されてしまうと、
    それにはアクセスできないということに注意してください。</p>
  </div></div>
<div class="bottomlang">
<p><span>翻訳済み言語: </span><a href="./de/bind.html" hreflang="de" rel="alternate" title="Deutsch">&nbsp;de&nbsp;</a> |
<a href="./en/bind.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
<a href="./fr/bind.html" hreflang="fr" rel="alternate" title="Français">&nbsp;fr&nbsp;</a> |
<a href="./ja/bind.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
<a href="./ko/bind.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
<a href="./tr/bind.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
</div><div class="top"><a href="#page-header"><img src="./images/up.gif" alt="top" /></a></div><div class="section"><h2><a id="comments_section" name="comments_section">コメント</a></h2><div class="warning"><strong>Notice:</strong><br />This is not a Q&amp;A section. Comments placed here should be pointed towards suggestions on improving the documentation or server, and may be removed again by our moderators if they are either implemented or considered invalid/off-topic. Questions on how to manage the Apache HTTP Server should be directed at either our IRC channel, #httpd, on Freenode, or sent to our <a href="http://httpd.apache.org/lists.html">mailing lists</a>.</div>
<script type="text/javascript"><!--//--><![CDATA[//><!--
var comments_shortname = 'httpd';
var comments_identifier = 'http://httpd.apache.org/docs/2.4/bind.html';
(function(w, d) {
    if (w.location.hostname.toLowerCase() == "httpd.apache.org") {
        d.write('<div id="comments_thread"><\/div>');
        var s = d.createElement('script');
        s.type = 'text/javascript';
        s.async = true;
        s.src = 'https://comments.apache.org/show_comments.lua?site=' + comments_shortname + '&page=' + comments_identifier;
        (d.getElementsByTagName('head')[0] || d.getElementsByTagName('body')[0]).appendChild(s);
    }
    else { 
        d.write('<div id="comments_thread">Comments are disabled for this page at the moment.<\/div>');
    }
})(window, document);
//--><!]]></script></div><div id="footer">
<p class="apache">Copyright 2017 The Apache Software Foundation.<br />この文書は <a href="http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0">Apache License, Version 2.0</a> のライセンスで提供されています。.</p>
<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="http://wiki.apache.org/httpd/FAQ">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> | <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p></div><script type="text/javascript"><!--//--><![CDATA[//><!--
if (typeof(prettyPrint) !== 'undefined') {
    prettyPrint();
}
//--><!]]></script>
</body></html>