urlmapping.html.ja.utf8 25.7 KB
Newer Older
powelld's avatar
powelld committed
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja"><head>
<meta content="text/html; charset=UTF-8" http-equiv="Content-Type" />
<!--
        XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
              This file is generated from xml source: DO NOT EDIT
        XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
      -->
<title>URL からファイルシステム上の位置へのマップ - Apache HTTP サーバ バージョン 2.4</title>
<link href="./style/css/manual.css" rel="stylesheet" media="all" type="text/css" title="Main stylesheet" />
<link href="./style/css/manual-loose-100pc.css" rel="alternate stylesheet" media="all" type="text/css" title="No Sidebar - Default font size" />
<link href="./style/css/manual-print.css" rel="stylesheet" media="print" type="text/css" /><link rel="stylesheet" type="text/css" href="./style/css/prettify.css" />
<script src="./style/scripts/prettify.min.js" type="text/javascript">
</script>

<link href="./images/favicon.ico" rel="shortcut icon" /></head>
<body id="manual-page"><div id="page-header">
<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="http://wiki.apache.org/httpd/FAQ">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> | <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p>
<p class="apache">Apache HTTP サーバ バージョン 2.4</p>
<img alt="" src="./images/feather.png" /></div>
<div class="up"><a href="./"><img title="&lt;-" alt="&lt;-" src="./images/left.gif" /></a></div>
<div id="path">
<a href="http://www.apache.org/">Apache</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/">HTTP サーバ</a> &gt; <a href="http://httpd.apache.org/docs/">ドキュメンテーション</a> &gt; <a href="./">バージョン 2.4</a></div><div id="page-content"><div id="preamble"><h1>URL からファイルシステム上の位置へのマップ</h1>
<div class="toplang">
<p><span>翻訳済み言語: </span><a href="./en/urlmapping.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
<a href="./fr/urlmapping.html" hreflang="fr" rel="alternate" title="Français">&nbsp;fr&nbsp;</a> |
<a href="./ja/urlmapping.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
<a href="./ko/urlmapping.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
<a href="./tr/urlmapping.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
</div>
<div class="outofdate">この日本語訳はすでに古くなっている
            可能性があります。
            最近更新された内容を見るには英語版をご覧下さい。
        </div>

    <p>この文書は Apache がリクエストの URL から送信するファイルの
    ファイルシステム上の位置を決定する方法を説明します。</p>
  </div>
<div id="quickview"><a href="https://www.apache.org/foundation/contributing.html" class="badge"><img src="https://www.apache.org/images/SupportApache-small.png" alt="Support Apache!" /></a><ul id="toc"><li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#related">関連するモジュールとディレクティブ</a></li>
<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#documentroot">DocumentRoot</a></li>
<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#outside">DocumentRoot 外のファイル</a></li>
<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#user">ユーザディレクトリ</a></li>
<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#redirect">URL リダイレクション</a></li>
<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#proxy">リバースプロキシ</a></li>
<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#rewrite">リライトエンジン</a></li>
<li><img alt="" src="./images/down.gif" /> <a href="#notfound">File Not Found</a></li>
</ul><h3>参照</h3><ul class="seealso"><li><a href="#comments_section">コメント</a></li></ul></div>
<div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
<div class="section">
<h2><a name="related" id="related">関連するモジュールとディレクティブ</a></h2>

<table class="related"><tr><th>関連モジュール</th><th>関連ディレクティブ</th></tr><tr><td><ul><li><code class="module"><a href="./mod/mod_alias.html">mod_alias</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_proxy.html">mod_proxy</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_rewrite.html">mod_rewrite</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_userdir.html">mod_userdir</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_speling.html">mod_speling</a></code></li><li><code class="module"><a href="./mod/mod_vhost_alias.html">mod_vhost_alias</a></code></li></ul></td><td><ul><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_alias.html#alias">Alias</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_alias.html#aliasmatch">AliasMatch</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_speling.html#checkspelling">CheckSpelling</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/core.html#documentroot">DocumentRoot</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/core.html#errordocument">ErrorDocument</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/core.html#options">Options</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_proxy.html#proxypass">ProxyPass</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_proxy.html#proxypassreverse">ProxyPassReverse</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_proxy.html#proxypassreversecookiedomain">ProxyPassReverseCookieDomain</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_proxy.html#proxypassreversecookiepath">ProxyPassReverseCookiePath</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_alias.html#redirect">Redirect</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_alias.html#redirectmatch">RedirectMatch</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_rewrite.html#rewritecond">RewriteCond</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_rewrite.html#rewritematch">RewriteMatch</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_alias.html#scriptalias">ScriptAlias</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_alias.html#scriptaliasmatch">ScriptAliasMatch</a></code></li><li><code class="directive"><a href="./mod/mod_userdir.html#userdir">UserDir</a></code></li></ul></td></tr></table>
</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
<div class="section">
<h2><a name="documentroot" id="documentroot">DocumentRoot</a></h2>

    <p>リクエストに対してどのファイルを送信するかを決定するときの
    Apache のデフォルトの動作は、リクエストの URL-Path (URL のホスト名と
    ポート番号の後に続く部分) を取り出して設定ファイルで指定されている
    <code class="directive"><a href="./mod/core.html#documentroot">DocumentRoot</a></code> 
    の最後に追加する、というものです。ですから、
    <code class="directive"><a href="./mod/core.html#documentroot">DocumentRoot</a></code> 
    の下のディレクトリやファイルがウェブから見える基本のドキュメントの木構造を
    なします。</p>

    <p>Apache にはサーバが複数のホストへのリクエストを受け取る
    <a href="vhosts/">バーチャルホスト</a> の機能もあります。
    この場合、それぞれのバーチャルホストに対して違う
    <code class="directive"><a href="./mod/core.html#documentroot">DocumentRoot</a></code>
    を指定することができます。また、<code class="module"><a href="./mod/mod_vhost_alias.html">mod_vhost_alias</a></code>
    モジュールにより提供されるディレクティブを使って、
    送信するためのコンテンツの場所をリクエストされた IP
    アドレスやホスト名から動的に決めることもできます。</p>
</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
<div class="section">
<h2><a name="outside" id="outside">DocumentRoot 外のファイル</a></h2>

    <p>ファイルシステム上の、
    厳密には <code class="directive"><a href="./mod/core.html#documentroot">DocumentRoot</a></code>
    の下にはない部分へのウェブアクセスを許可する必要がある
    場合がよくあります。Apache はこのために複数の方法を用意しています。
    Unix システムでは、ファイルシステムの他の部分をシンボリックリンクを
    使って <code class="directive"><a href="./mod/core.html#documentroot">DocumentRoot</a></code>
    の下に持ってくることができます。セキュリティ上の理由により、
    Apache は該当するディレクトリの
    <code class="directive"><a href="./mod/core.html#options">Options</a></code> の設定に
    <code>FollowSymLinks</code><code>SymLinksIfOwnerMatch</code>
    ある場合にのみシンボリックリンクをたどります。</p>

    <p>代わりの方法として、<code class="directive"><a href="./mod/mod_alias.html#alias">Alias</a></code>
    ディレクティブを使ってファイルシステムの任意の部分をウェブの空間に
    マップできます。たとえば、</p>

<div class="example"><p><code>Alias /docs /var/web</code></p></div>

    <p>という設定のときは、URL
    <code>http://www.example.com/docs/dir/file.html</code> には
    <code>/var/web/dir/file.html</code> が送信されます。
    <code class="directive"><a href="./mod/mod_alias.html#scriptalias">ScriptAlias</a></code> も、
    対象となっているパスが CGI スクリプトとして扱われるという追加の
    効果以外は同じように動作します。</p>

    <p>もっと柔軟な設定が必要な状況では、
    <code class="directive"><a href="./mod/mod_alias.html#aliasmatch">AliasMatch</a></code> ディレクティブや
    <code class="directive"><a href="./mod/mod_alias.html#scriptaliasmatch">ScriptAliasMatch</a></code> ディレクティブ
    を使って強力な正規表現に基づいたマッチと置換を行なうことができます。
    たとえば、</p>

<div class="example"><p><code>ScriptAliasMatch ^/~([a-zA-Z0-9]+)/cgi-bin/(.+)
      /home/$1/cgi-bin/$2</code></p></div>

    <p><code>http://example.com/~user/cgi-bin/script.cgi</code> への
    リクエストを <code>/home/user/cgi-bin/script.cgi</code> というパスへ
    マップし、このマップの結果としてのファイルを CGI スクリプトとして
    扱います。</p>
</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
<div class="section">
<h2><a name="user" id="user">ユーザディレクトリ</a></h2>

    <p>伝統的に Unix システムではユーザ <em>user</em> のホームディレクトリを
    <code>~user/</code> として参照できます。<code class="module"><a href="./mod/mod_userdir.html">mod_userdir</a></code> 
    モジュールはこの概念をウェブに拡張して、
    それぞれのユーザのホームディレクトリのファイルを
    以下のような URL を使ってアクセスできるようにします。</p>

<div class="example"><p><code>http://www.example.com/~user/file.html</code></p></div>

    <p>セキュリティの観点から、ウェブからユーザのホームディレクトリへ
    直接アクセスできるようにすることは適切ではありません。ですから、
    <code class="directive"><a href="./mod/mod_userdir.html#userdir">UserDir</a></code> ディレクティブには
    ユーザのホームディレクトリの下の、ウェブファイルの
    置かれているディレクトリを指定します。デフォルトの設定の
    <code>Userdir public_html</code> を使うと、上の URL は
    <code>/home/user/public_html/file.html</code> というようなファイルに
    マップされます。ここで、<code>/home/user/</code>
    <code>/etc/passwd</code> で指定されているユーザのホームディレクトリです。</p>

    <p><code class="directive"><a href="./mod/mod_userdir.html#userdir">Userdir</a></code> には、
    <code>/etc/passwd</code> にホームディレクトリの位置が書かれていない
    システムでも使うことのできる他の形式もあります。</p>

    <p>中にはシンボル "~" (<code>%7e</code> のように符号化されることが多い)
    を格好が悪いと思って、ユーザのディレクトリを表すために別の文字列の
    使用を好む人がいます。mod_userdir はこの機能をサポートしていません。
    しかし、ユーザのホームディレクトリが規則的な構成のときは、
    <code class="directive"><a href="./mod/mod_alias.html#aliasmatch">AliasMatch</a></code> を使って望みの
    効果を達成することができます。たとえば、
    <code>http://www.example.com/upages/user/file.html</code>
    <code>/home/user/public_html/file.html</code> にマップされるようにするには、
    以下のように <code>AliasMatch</code> ディレクティブを使います:</p>

<div class="example"><p><code>AliasMatch ^/upages/([a-zA-Z0-9]+)/?(.*)
      /home/$1/public_html/$2</code></p></div>
</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
<div class="section">
<h2><a name="redirect" id="redirect">URL リダイレクション</a></h2>

    <p>上の節で説明した設定用のディレクティブは Apache に
    ファイルシステムの特定の場所からコンテンツを取ってきて
    クライアントに送り返すようにします。ときには、その代わりに
    クライアントにリクエストされたコンテンツは別の URL にあることを
    知らせて、クライアントが新しい URL へ新しいリクエストを行なうように
    する方が望ましいことがあります。これは<em>リダイレクション</em>
    呼ばれていて、<code class="directive"><a href="./mod/mod_alias.html#redirect">Redirect</a></code>
    ディレクティブにより実装されています。たとえば、
    <code class="directive"><a href="./mod/core.html#documentroot">DocumentRoot</a></code> の下のディレクトリ
    <code>/foo/</code> が新しいディレクトリ <code>/bar/</code> に移動したときは、
    以下のようにしてクライアントが新しい場所のコンテンツをリクエストするように
    指示することができます:</p>

<div class="example"><p><code>Redirect permanent /foo/
      http://www.example.com/bar/</code></p></div>

    <p>これは、<code>/foo/</code> で始まるすべての URL-Path を、
    <code>www.example.com</code> サーバの <code>/bar/</code>
    <code>/foo/</code> に置換されたものにリダイレクトします。
    サーバは自分自身のサーバだけでなく、どのサーバにでもクライアントを
    リダイレクトすることができます。</p>

    <p>Apache はより複雑な書き換えの問題のために、
    <code class="directive"><a href="./mod/mod_alias.html#redirectmatch">RedirectMatch</a></code> ディレクティブを
    提供しています。たとえば、サイトのホームページを違うサイトにリダイレクト
    するけれど、他のリクエストはそのまま扱う、というときは以下の設定を
    使います:</p>

<div class="example"><p><code>RedirectMatch permanent ^/$
      http://www.example.com/startpage.html</code></p></div>

    <p>あるいは、一時的にサイトのすべてのページを他のサイトの特定の
    ページへリダイレクトするときは、以下を使います:</p>

<div class="example"><p><code>RedirectMatch temp .*
      http://othersite.example.com/startpage.html</code></p></div>
</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
<div class="section">
<h2><a name="proxy" id="proxy">リバースプロキシ</a></h2>

<p>Apache は遠隔地にあるドキュメントをローカルのサーバの URL 空間に
持ってくることもできます。この手法は<em>リバースプロキシ</em>と呼ばれています。
ウェブサーバが遠隔地のドキュメントを取得してクライアントに送り返すのが
プロキシサーバの動作のように見えるからです。クライアントにはドキュメントが
リバースプロキシサーバから送られてきているように見える点が通常の
プロキシとは異なります。</p>

<p>次の例では、クライアントが <code>/foo/</code> ディレクトリの下にある
ドキュメントをリクエストすると、サーバが <code>internal.example.com</code>
<code>/bar/</code> ディレクトリから取得して、さもローカルサーバからの
ドキュメントのようにしてクライアントに返します。</p>

<div class="example"><p><code>
ProxyPass /foo/ http://internal.example.com/bar/<br />
ProxyPassReverse /foo/ http://internal.example.com/bar/<br />
ProxyPassReverseCookieDomain internal.example.com public.example.com<br />
ProxyPassReverseCookiePath /foo/ /bar/
</code></p></div>

<p><code class="directive"><a href="./mod/mod_proxy.html#proxypass">ProxyPass</a></code> ディレクティブは
サーバが適切なドキュメントを取得するように設定し、
<code class="directive"><a href="./mod/mod_proxy.html#proxypassreverse">ProxyPassReverse</a></code> ディレクティブは
<code>internal.example.com</code> からのリダイレクトがローカルサーバの
適切なディレクトリを指すように書き換えます。
同様に <code class="directive"><a href="./mod/mod_proxy.html#proxypassreversecookiedomain">ProxyPassReverseCookieDomain</a></code>
<code class="directive"><a href="./mod/mod_proxy.html#proxypassreversecookiepath">ProxyPassReverseCookiePath</a></code>
でバックエンド側サーバの発行した Cookie を書き換えることができます。</p>
<p>ただし、ドキュメントの中のリンクは書き換えられない、
ということは知っておいてください。
ですから、<code>internal.example.com</code> への絶対パスによるリンクでは、
クライアントがプロキシサーバを抜け出して <code>internal.example.com</code>
直接リクエストを送る、ということになります。
サードパーティ製モジュールの <a href="http://apache.webthing.com/mod_proxy_html/">mod_proxy_html</a>
は、HTML と XHTML 中のリンクを書き換えることができます。</p>
</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
<div class="section">
<h2><a name="rewrite" id="rewrite">リライトエンジン</a></h2>

    <p>より一層強力な置換が必要なときは、<code class="module"><a href="./mod/mod_rewrite.html">mod_rewrite</a></code>
    が提供するリライトエンジンが役に立つでしょう。
    このモジュールにより提供されるディレクティブは
    ブラウザの種類、リクエスト元の IP アドレスなどのリクエストの特徴を
    使って送り返すコンテンツの場所を決めます。さらに、<code class="module"><a href="./mod/mod_rewrite.html">mod_rewrite</a></code>
    は外部のデータベースファイルやプログラムを使ってリクエストの扱い方を
    決めることもできます。リライトエンジンは上で挙げられている三つのマッピング
    すべてを行なうことができます: 内部のリダイレクト (エイリアス)、
    外部のリダイレクト、プロキシです。mod_rewrite を使う多くの実用的な例は
    <a href="misc/rewriteguide.html">URL リライトガイド</a>
    で説明されています。</p>
</div><div class="top"><a href="#page-header"><img alt="top" src="./images/up.gif" /></a></div>
<div class="section">
<h2><a name="notfound" id="notfound">File Not Found</a></h2>

    <p>必ず、リクエストされた URL に対応するファイルがファイルシステムに
    無いという場合が発生します。これが起こるのにはいくつかの理由があります。
    場合によっては、ドキュメントを別の場所に移動した結果であることがあります。
    この場合は、クライアントにリソースの新しい位置を知らせるために
    <a href="#redirect">URL リダイレクション</a>を使うのが最善の方法です。
    そうすることによって、リソースは新しい位置に移動しているけれども、
    古いブックマークやリンクが動作し続けるようにすることができます。</p>

    <p>"File Not Found" エラーのもう一つのよくある理由は、
    ブラウザへの直接入力や HTML リンクからの偶発的な URL の入力間違いです。
    Apache はこの問題を改善するために、<code class="module"><a href="./mod/mod_speling.html">mod_speling</a></code>
    モジュール (意図的な綴り間違い)
    (訳注: 正しくは spelling) を提供しています。このモジュールが
    使用されているときは、"File Not Found" エラーを横取りして、
    似たファイル名のリソースを探します。もし一つだけ見つかった場合は
    mod_speling はクライアントに正しい位置を知らせるために HTTP リダイレクトを
    送ります。もし複数の「近い」ファイルが見つかった場合は、それら
    代替となりえるもののリストがクライアントに表示されます。</p>

    <p>mod_speling の非常に有用な機能は、大文字小文字を区別せずに
    ファイル名を比較するものです。これは URL と unix の
    ファイルシステムが両方とも大文字小文字を区別するものである、
    ということをユーザが知らないシステムで役に立ちます。ただし、
    時折の URL 訂正程度で済まず、mod_speling をより多く使用すると、サーバに
    さらなる負荷がかかります。すべての「正しくない」リクエストの後に
    URL のリダイレクトとクライアントからの新しいリクエストがくることに
    なりますから。</p>

    <p>コンテンツの位置を決めようとするすべての試みが失敗すると、
    Apache は、HTTP ステータスコード 404 (file not found) と共に
    エラーページを返します。このエラーページの外観は
    <code class="directive"><a href="./mod/core.html#errordocument">ErrorDocument</a></code> 
    ディレクティブで制御され、
    <a href="custom-error.html">カスタムエラーレスポンス</a>
    説明されているように、柔軟な設定を行なうことができます。</p>
</div></div>
<div class="bottomlang">
<p><span>翻訳済み言語: </span><a href="./en/urlmapping.html" hreflang="en" rel="alternate" title="English">&nbsp;en&nbsp;</a> |
<a href="./fr/urlmapping.html" hreflang="fr" rel="alternate" title="Français">&nbsp;fr&nbsp;</a> |
<a href="./ja/urlmapping.html" title="Japanese">&nbsp;ja&nbsp;</a> |
<a href="./ko/urlmapping.html" hreflang="ko" rel="alternate" title="Korean">&nbsp;ko&nbsp;</a> |
<a href="./tr/urlmapping.html" hreflang="tr" rel="alternate" title="Türkçe">&nbsp;tr&nbsp;</a></p>
</div><div class="top"><a href="#page-header"><img src="./images/up.gif" alt="top" /></a></div><div class="section"><h2><a id="comments_section" name="comments_section">コメント</a></h2><div class="warning"><strong>Notice:</strong><br />This is not a Q&amp;A section. Comments placed here should be pointed towards suggestions on improving the documentation or server, and may be removed again by our moderators if they are either implemented or considered invalid/off-topic. Questions on how to manage the Apache HTTP Server should be directed at either our IRC channel, #httpd, on Freenode, or sent to our <a href="http://httpd.apache.org/lists.html">mailing lists</a>.</div>
<script type="text/javascript"><!--//--><![CDATA[//><!--
var comments_shortname = 'httpd';
var comments_identifier = 'http://httpd.apache.org/docs/2.4/urlmapping.html';
(function(w, d) {
    if (w.location.hostname.toLowerCase() == "httpd.apache.org") {
        d.write('<div id="comments_thread"><\/div>');
        var s = d.createElement('script');
        s.type = 'text/javascript';
        s.async = true;
        s.src = 'https://comments.apache.org/show_comments.lua?site=' + comments_shortname + '&page=' + comments_identifier;
        (d.getElementsByTagName('head')[0] || d.getElementsByTagName('body')[0]).appendChild(s);
    }
    else { 
        d.write('<div id="comments_thread">Comments are disabled for this page at the moment.<\/div>');
    }
})(window, document);
//--><!]]></script></div><div id="footer">
<p class="apache">Copyright 2017 The Apache Software Foundation.<br />この文書は <a href="http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0">Apache License, Version 2.0</a> のライセンスで提供されています。.</p>
<p class="menu"><a href="./mod/">モジュール</a> | <a href="./mod/directives.html">ディレクティブ</a> | <a href="http://wiki.apache.org/httpd/FAQ">FAQ</a> | <a href="./glossary.html">用語</a> | <a href="./sitemap.html">サイトマップ</a></p></div><script type="text/javascript"><!--//--><![CDATA[//><!--
if (typeof(prettyPrint) !== 'undefined') {
    prettyPrint();
}
//--><!]]></script>
</body></html>